毛抜きで肌がボロボロに

高校生の頃、腕や脚のムダ毛が濃くて悩んでいましたが、当時のアルバイト代ではとても脱毛サロンに通うことはできなかったので、こまめにカミソリで剃ってなんとかごまかしていました。
ただ、膝の周りのようにデコボコしている箇所はカミソリで剃るのが難しく、剃り残しがあるだけならまだしも、たまにカミソリで肌を切ってしまうこともありました。
「膝の周りだけなら何とか抜けるかな」と考え、試しに1本1本毛抜きで抜いてみることに。やり始めてみると、思ったより毛が多くて難しく、痛みもあったのですが、肌を切るよりはましだと思って毎日少しずつ抜いていきました。
しばらく続けると、カミソリで剃った時のようにチクチクしなくなってきた気がしました。作戦大成功!と思ってよく見てみると、なんと膝の毛が何本も皮膚に埋もれて生えてしまっています。お肌のお手入れをあまりしていなかったので、埋もれ毛になってしまったのです。
慌てて毛抜きの角で皮膚から掘り出そうとしましたが、膝の皮膚は厚くて固いのでなかなかうまくいきません。出来たと思ったら血が出てしまったり皮がむけてしまったりで、膝が全体的に真っ赤に。
炎症や傷が治っても毛穴が黒ずんでしまい、思いつきで自己流の脱毛をしたことに大後悔です。今思えばミュゼ 梅田にでも通っておけばよかったです。